• ホーム
  • 症例ブログ
  • 40代女性「虫歯になった銀歯を白い歯に変えたい」セラミックの詰め物で治療した症例

40代女性「虫歯になった銀歯を白い歯に変えたい」セラミックの詰め物で治療した症例

治療前

治療前

治療後

治療後
年齢と性別 40代 女性
ご相談内容 数年前から定期検診を受けていただいている患者様から、検診時に「治療した右上奥歯(第1大臼歯/6番)に違和感があって時々しみる」とご相談をいただきました。
カウンセリング・診断結果 エックス線撮影をしたところ、金属と歯の間に隙間が空いていることが分かりました。銀歯を外して実際に見てみると、治療箇所の隙間に虫歯菌が入り込んで再度虫歯になってしまう「2次カリエス」が生じていました。
行ったご提案・治療内容 当院では奥歯などの噛む力が大きくかかる部分の詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)の治療をする際には、耐久性があり、他の歯との色味や透明感の調和が取れて自然な仕上がりに調整できるセラミック素材「e-max」をご案内することが多いです。

今回の治療でもご説明し、ご了承をいただいたので、虫歯を取り除いた後にe-maxで詰め物を作製しました。
治療期間 10日・2回
おおよその費用 5万円(税別)
術後の経過・現在の様子 自然な仕上がりに大変ご満足されました。歯のかみ合わせも問題なく、現在も定期的なメンテナンスで通院いただいています。
治療のリスクについて ・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・セラミックも十分なメンテナンスを行わないと、セラミックと歯の境目から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むとひびが入ったり、割れてしまったりすることがあります。

詳細-治療前

治療前詳細

矢印部分、金属と歯の間にわずかですが、黒い影があります。ここが隙間になっている部分です。