• ホーム
  • 症例ブログ
  • 40代女性「虫歯治療後は白い歯にしたい」オールセラミック(e-max)で詰め物をして噛み心地に違和感なく自然な白さの歯になった症例

40代女性「虫歯治療後は白い歯にしたい」オールセラミック(e-max)で詰め物をして噛み心地に違和感なく自然な白さの歯になった症例

治療前

治療前

治療後

治療後
年齢と性別 40代 女性
ご相談内容 「虫歯になっている歯を治療した後、白い歯にしたい」とのご相談をいただきました。
カウンセリング・診断結果 拝見したところ、歯と歯の間(第1小臼歯/4番と第2小臼歯/5番)にできる虫歯「隣接面う蝕(りんせつめんうしょく)」が見られました。 歯と歯の隙間は、歯の表面に付着している細菌のかたまり「プラーク」がたまりやすい部位であり、歯ブラシではプラークを十分に清掃できないため、虫歯になりやすい箇所の1つです。
行ったご提案・治療内容 患者様は虫歯治療後の詰め物には白い素材をご希望でしたので、「オールセラミック治療」をご提案しました。 セラミックは、天然歯に近い自然な色合いの歯に仕上げます。その中でも、特に変色しにくく透明感に優れていて、しっかり密着するため虫歯にもなりにくいガラスセラミックの「e-max」を選択しました。
治療期間 約10日・2回
おおよその費用 約100,000円
術後の経過・現在の様子 噛み心地に違和感なく、自然な白い歯に仕上がり、患者様に大変ご満足いただけました。 定期検診で長期的にメンテナンスを行い、経過を観察していきます。
治療のリスクについて ・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・十分なメンテナンスを行わないと、セラミックと歯の境目から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと、ひびが入ったり、割れてしまったりします。

詳細-治療前

治療前詳細
ココシカバナー