60歳代 男性 欠損をノンクラスプ義歯にした症例

治療前

治療前

治療後

治療後

歯を掴む金属のバネがないので、見た目が良く、目立ちません。

年齢と性別 60歳代 男性
ご相談内容 右下の奥歯3本を歯周病で抜歯したとのこと。
目立たない、ぐらつかない義歯を希望しておいででした。
カウンセリング・診断結果 歯を抜いた後の歯肉はきれいに治癒していて、インプラント、義歯どちらも可能と診断しました。
行ったご提案・治療内容 インプラント、ノンクラスプ義歯の説明をしました。
患者様のご希望で、ノンクラスプ義歯の治療を行うことになりました。
治療期間 最終の歯型取りから約10日で装着となりました。
おおよその費用 約140,000円(税込)
術後の経過・現在の様子 装着後の経過は良好で、現在も6ヵ月に1度のメインテナンスで通院されています。
色や形、嚙み合わせついてもご満足頂けました。
治療のリスクについて 義歯ですから、毎日取り外して消毒、洗浄をしなければなりません。

その他-画像1

その他-画像
その他-画像

写真のように3本までなら片側だけの小さい義歯にすることができます。