20代女性「銀歯を白くしたい」金属の治療をオールセラミックにした症例

治療前

治療前

治療後

治療後
年齢と性別 20代 女性
ご相談内容 「昔治療した銀歯を白くしたい」とご相談いただきました。
過去に他院で数本の歯を銀歯で治療されたそうですが、治療後に金属の見た目が気になっており、白い歯に替えたいとご希望でした。
カウンセリング・診断結果 拝見したところ、複数箇所に金属の詰め物や被せ物が確認できました。
また歯と歯の隙間には虫歯も確認でき、レジンで治療されていた箇所も外してやり直す必要がありました。
治療範囲が広いため、回数を分けて治療していくことにしました。
行ったご提案・治療内容 今回は見た目の仕上がりに特に配慮し、全ての治療で「e.max」と呼ばれるセラミック素材を用いた治療をご提案しました。
この素材は十分な強度に加え、周りの歯と自然に馴染むような透明感があるため、複数の箇所を治療しても目立ちにくい仕上がりが期待できます。
治療期間 14回 6ヶ月
おおよその費用 ¥335,000(税別)
術後の経過・現在の様子 術後の経過は良好で、現在もクリーニングで通院されています。 色や形、嚙み合わせについてもご満足いただけました。
治療のリスクについて セラミックは金属と違い、欠けたり、割れたりします。
過度な力が歯にかかったとき、セラミックが壊れることで自分の歯が欠けたり、割れたりするのを防ぐことができる場合もあります。
ココシカバナー